fc2ブログ

記事一覧

久しぶりの山サイ~奥多摩浅間尾根

2022年11月27日 日曜日の記録です。
例によって、武蔵五日市まで車を使ったカーサイです。
武蔵五日市~都民の森~浅間尾根~浅間嶺~時坂峠~武蔵五日市
駅前のコインパーキングに車を停めて、セブンイレブンで買い物して、7時30分頃出発。
本日は晴れ、しかも気温が都心では20度近くまで上がる予報ですよ。小春日和?

DSC_0297.jpg

DSC_0298.jpg

途中ここで、薄手のウインドブレーカーを脱ぎ、手袋を指切りのものに交換しました。
この時期にしては、気温は高めです。

DSC_0299.jpg

奥多摩道路を登っていきます。

DSC_0303.jpg

若いローディー達に抜かれますが、私はなんとも思いません(笑)。
そもそも、やってることが違いますから。

DSC_0302.jpg

10時12分、都民の森に到着。
おなかが減ったので、セブンで買ってきたチョコパンとおにぎりを補給しました。

DSC_0307.jpg

10時46分、都民の森と風張峠の中間地点にある「浅間尾根駐車場」から尾根に入って行きますよ。
ここから、山サイですが、久しぶりなので、山道をちゃんと走れるか不安でした(汗)。
途中から、勘が戻った感じでしたけどね。

DSC_0311.jpg

尾根上のメジャールート、明瞭な道です。

DSC_0319.jpg

日溜まりがあったので、ここでお湯を沸かして昼食としました。

DSC_0321.jpg

日を浴びた背中が暑いくらいでした。
見上げると、空はサムライブルー(笑)!  
終日無風快晴でした。

DSC_0324.jpg

昼食もそこそこに、どんどん下ります。
この道は登山道というよりも昔からの生活道路だったのだと思われます。
そこかしこに、石仏や小さな祠がありました。

DSC_0329.jpg

途中林道が横切る箇所がありました。
停められたオートバイには、ご丁寧にもカバーがしてありました(汗)。

DSC_0330.jpg

DSC_0335.jpg

12時10分、「猿石」通過。
高校生かな? 団体さんのパーティーとすれ違いました。
おしゃべりしながらのハイキングで、とっても楽しそう♪
でも、あんまり話に夢中だと、どこを歩いても同じかも知れませんね(笑)。

DSC_0336.jpg

DSC_0339.jpg

DSC_0341.jpg

もう当然、紅葉の時期は過ぎています。
でも、落葉樹の森を下るのは風情があります。

DSC_0344.jpg

人里(へんぼり)峠には12時56分到着。

DSC_0345.jpg

私のパスハンター自転車!
コイツは「山の道具」としての頼れる相棒ですかね(笑)。

DSC_0347.jpg

人里峠から浅間嶺に向かう道は尾根の北側をへつる感じ。

DSC_0352.jpg

谷を隔てたもう一本北側の尾根というか、日を浴びた山塊が良く見えていました。
あの辺は風張林道だろうな~、あっちは陣馬尾根かな~なんて感じで、しばし眺めておりました。

DSC_0355.jpg

左側のピークは御前山でしょうか。違うかも。

DSC_0360.jpg

そうこうしていると、浅間嶺(せんげんれい)の下にある広場のような場所に到着しました(13時15分)。

DSC_0363.jpg

この広場には、立派な東屋がありました。

DSC_0364.jpg

広場から5分程登ると、標高903mの浅間嶺のピークに着きました。
南北の眺望が良く効く、とても気持ちの良い場所でした。

DSC_0376.jpg

ド逆光なので、うまく写真が撮れませんが、

DSC_0372.jpg

正面に富士山が見えていました!

DSC_0369.jpg

山頂からは、富士山と奥多摩側の眺めを堪能出来ました。

DSC_0377.jpg

後ろ髪を引かれる思いで?、山頂を後にしたのでした。

DSC_0379.jpg

防火帯の役目もありそうな落葉樹の林
自転車で下るには、ご機嫌な道です。

DSC_0384.jpg

尾根道から分かれて、時坂(とっさか)峠へと向かいます。

DSC_0385.jpg

DSC_0393.jpg

北側斜面は伐採の済んだ植林でしょうか。
このあと、沢筋に出て、自転車は押して進みました。
浅間尾根自体の乗車率は高いと思います。
パスハンター自転車の自分で7割程でしたから、MTBであれば、もっと乗車率は上がると思いますね。

DSC_0394.jpg

廃屋のような峠の茶屋のところで、山道は終了。

DSC_0395.jpg

そこから、少しだけ登るといわゆる「時坂峠」に出ました。
右側のガードレールの道は、「小岩」集落へ下る道のようです。
途中道が崩落している箇所があるようですが、現在どうなっているかは判りません。

DSC_0396.jpg

14時10分、自転車乗りの人が呼ぶ?「時坂峠」に到着しました。
本来の峠は、もう少し下った地点のようですが、詳細は不明です。

DSC_0397.jpg

今回は、そのまま払沢の滝方面に下ることにしました。

DSC_0401.jpg

14時51分 武蔵五日市駅に戻って来ました。
久しぶりの山サイクリング、無事終了です。

DSC_0403.jpg

予想よりも早めに帰ることが出来ましたかな。

DSC_0405.jpg

距離的には55キロでしたけど、それなりの内容の山サイでした。
なかでも、浅間嶺の景色や雰囲気が素晴らしかったですね。

DSC_0407.jpg

エリアマップです。ご参考まで。
今回、尾根上で行き合った登山者やトレランの人達は、それぞれ数パーティーでした。
特段、山道に自転車を持ち込むことに難色を示されるような場面はありませんでした。
でもまあ、メジャーな低山ハイクの山道ですから、自転車ならではのマナーの様なものはあるかもしれません。
極端な「締め出し」を食らわないよう、気をつけたいものですね(汗)。

DSC_0417.jpg


スポンサーサイト



コメント

No title

この日は仲間が時坂峠、払沢の滝へ行ってようです
僕は朝のうちに用事ができてしまったので行けなかったのですが
こんな山道も走って見たいです

Re: No title

大佐殿

こんにちは。
時坂峠を下っているときに、パニア台のついたランドナーに乗っている方とすれ違いました。
もしかしたら、大佐殿のお知り合いの方だったかもしれませんね。

浅間尾根はパスハンターでトコトコ下るには適したコースでした。
舗装のアプローチで、後は下るだけの山道なので得した気分でした!

No title

こんにちは
紅葉のシーズンもいいですが 落葉して明るくなった林の中の山サイが 好きです。 落ち葉だらけで 地面が見えないのはかなり不安要素ではあるのですけれど。
関東圏 富士山がちょこっと見えるご褒美 ずるい~~って 叫んでみたい 関西人です。 
山サイで 55キロって ちょっと走りすぎ!?かもね
元気がうらやましいっす!

No title

筑波で伺ったプランを実行されたようですね。
天気もまずまずで良い山行でしたね。羨ましいです。
それにしても浅間嶺は気持ちの良さそうな所ですね。
コースは今後の参考にさせていただきます(笑)

Re: No title

TAKOぼん さま

こんにちは。
訳あって紅葉の時期に行けなくてこの日になってしまいました。確かに落葉すると森が明るくなりますね!
実際、当日落ち葉に隠れていた根っこに躓いてコケそうになりました。
富士山が拝めると、来て良かったと思いますね(笑)。
55キロの内半分は舗装路のヒルクライムで、山サイ自体もライトなものです。
早朝五日市まで車で自宅から1時間ちょいですから、私にとっては近くて良い山なのです。


Re: No title

taboom さま

こんばんは。
北側の陣馬尾根や風張林道と南側の笹尾根の中間に存在する浅間尾根。
是非ともトレースしたかった尾根なので、実現できて良かったです。
ススキたなびく浅間嶺は、とても気持ちの良い場所でした。
浅間尾根は、眺めも良く、道も穏やかで、自転車を持ち込む必然性も十分にあるコースだと思いました。
機会がありましたら、お出掛けください!


こんにちは

山道で道祖神とか見つけると
いにしえの交易路としての
活況を想像します。

一度キックボードで
山サイやってみたいです。
輪行が楽そう。

Re: タイトルなし

oryzasativa さま

こんばんは。
おっしゃるとおり、この尾根は昔からの生活道路、交易路であったのだと思います。
南側の笹尾根に比べても交通量は多かったのかも知れませんね。そんな印象です。
キックボードで山サイはいくらなんでも難しいかもです。タイヤが埋まると思います(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

内緒さま
こんにちは。
お誘いいただき、有り難うございます。
ただその日はSLTMがあるようなので、行けるかはビミョーです。
またご連絡差し上げます。
  

No title

こんにちは。
浅間尾根は自転車で気持ちよく辿れる山道ですよね。僕も葉が落ちて明るくなった時期に一度走りました。僕は藤倉から車道で藤原峠から尾根へ入りました。浅間嶺から時坂峠への下りは次第に乗車できなくなりましたので、次回行くとしたら上川乗へ下ろうと思います。

Re: No title

INTER8 さま

こんにちは。
映像のバイクが置いてあった林道の辺りで浅間尾根に入ったということですね!
藤倉から上がって来る林道であることを今地図で確認出来ました。
時坂峠へは途中までは良い雰囲気でしたけど、最後沢筋なので乗車は無理でした。
上川乗への道の方が乗車率は高そうですね。

はじめまして

大佐がコメントしていた27日に払沢の滝、時坂峠に行った者です。我々3名にパニア台の付いた自転車は有りませんでしたので別の方でしょう。お会い出来ず残念でした。18日の忘燃会にはデモンタのランドナーで参加する予定です。

Re: はじめまして

水島さま

こんばんは。
私が時坂峠を下っている際にすれ違ったランドナーの方はソロで、ガード付フロントバッグのスタイルは珍しいと思いました!
日曜は家の用事が出来てしまい参加は出来ませんが、盛会になることをお祈り致します。
またの機会に!
宜しくお願い致します。

ポツンと一軒家

よろしくです!ところで時坂峠付近の“廃屋の様な茶屋”みちこは以前TV番組ポツンと一軒家で紹介されたお蕎麦屋さんです。偶然にも以前私が訪れたその日に放映されたのでビックリ‼️その記念すべきお店にもう一度行ってみたかったのですが閉店していましたね。(閉店の模様はTVニュースにも取り上げられ、その後親戚により再開した事もニュースになった有名店です。実は再々閉店も電話で知っておりましたが)

Re: ポツンと一軒家

水島さま

おはようございます。
こちらは当地では有名な蕎麦屋だったのですね。
寡聞にして知りませんでした!
この日通過したときは閉店を知らせる張り紙が何故か入口の地面に落ちていました。人が住まなくなって、あっと言う間に荒廃感が出てしまったのかも知れません。
もう一軒の茶屋も閉まってまして、店先にあった水場も無くなり、「峠の茶屋」の大きな看板も無くなっていました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rikoパパ 

Author:rikoパパ 
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター